PR

ライフ ライフ

便利な生活へ、補聴器進化 使いやすく遠隔で音質調整

Messenger

 さえずりで確認

 技術が進化しても、本人が耳の衰えを自覚して医師に相談しないと補聴器にたどりつくのは難しい。野鳥のさえずりを楽しみながら聴力を確認してもらおうと、パナソニックは6月、スマートフォン専用サイトの「聴き鳥テスト」を公開した。

 サイトに登録された60種類ある鳴き声はそれぞれ聞き取りやすさが表示され、声を聞きたい野鳥を選ぶとさえずりが再生される。難聴は高い音から聞こえにくくなり、「シリリリリリ」と高音で鳴くヤブサメなどが聞き取れるかが、状態を確認する目安になる。

 野鳥愛好家の間では高音の鳴き声が年を取ると聞こえづらくなることが知られており、そこから難聴の早期発見に活用するアイデアが生まれた。

 さえずりの音は野鳥の保護などに取り組む認定NPO法人「バードリサーチ」(東京)が協力し、国内の野鳥60種のデータを収録している。東京都の高尾山や愛媛県の石鎚山など特定のスポットを選んで野鳥の声を楽しむこともできる。スマホのほか、補聴器販売店でも体験できるようにする。

 加齢性難聴は一般的に50歳ごろから始まり、65歳以上の日本人の約半数が言葉が聞き取りにくいなどの問題を抱えているという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ