PR

ライフ ライフ

「村上春樹って実在したんだ」初のラジオ出演にファン歓声 「またそのうち」続編も

ラジオのディスクジョッキーに初挑戦した作家の村上春樹さん((c)TOKYO FM)
Messenger

 5日夜、TOKYO FMなどで放送された作家、村上春樹さん(69)のラジオ番組「村上RADIO(レディオ)~RUN&SONGS~」。「ひねりのきいた、さすがの曲のチョイス」「低くてよく通る“いい声”だった」-。村上さんが放送メディアに露出することは極めて異例のため、多くのファンがこの番組に耳を傾けた。

 この放送に合わせ、多くの村上ファンが東京都杉並区のブックカフェ「6次元」に集合。「『わりに』など、独特の文体と似たような言葉で話すので驚きました」。こう語る店主のナカムラクニオさんは、「話の構成や言葉の引用、マニアックな曲など、まさに『音で聴く村上作品』という感じ。貴重な体験でした」と感想を述べた。

 インターネット上でも番組への反響が相次いだ。多くが好意的な反応で、中には「村上春樹って実在したんだ」などと冗談めかしたコメントもあった。

 番組の終盤、多くのファンから注目を集めた言葉が相次いだ。

 《僕はみんなのために音楽を作るんだ。誰にでも、馬鹿にでも分かる音楽を作りたい。そうすれば、誰ももう馬鹿ではなくなるから》

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ