PR

ライフ ライフ

【昭和天皇の87年】アジアを奮い立たせた勝利 「太陽の国が、明るい光を与えた」

画=井田智康
Messenger

日本海海戦(6)

 明治38年5月28日、極東の太陽に照射され、日本海を航走するバルチック艦隊は、わずか5隻に激減していた。

 空は澄みわたり、敗残の艦隊を隠す靄(もや)ひとつない。指揮をとるロシア第3太平洋艦隊司令長官のネボガトフは、絶望的な気持ちだっただろう。

 前日の激戦でバルチック艦隊の旗艦スウォーロフは沈没し、頭部に重傷を負った司令長官ロジェストウエンスキーはネボガトフに、「指揮権を譲る。ウラジオストクへ回航せよ」との命令を発した。

 そのウラジオストクまであと一昼夜の距離。だが、奇跡でも起きない限り無事には到着できまい。むろん奇跡は起きなかった。

 28日午前10時30分、ネボガトフが率いる戦艦2隻、装甲海防艦2隻、巡洋艦1隻は、島根県竹島沖で東郷平八郎の連合艦隊第1、第2、第4、第5、第6戦隊に包囲された。

 戦艦と巡洋艦だけで計20隻以上、加えて俊足の駆逐艦も多数いる。圧倒的な兵力差を見せつけられたネボガトフは、座乗艦のマストに戦闘旗ではなく、白旗にみたてた白色のテーブルクロスを掲げた。

 ときに午前10時53分、バルチック艦隊の白旗掲揚と機関停止を確認した東郷は、全艦隊に戦闘停止を命令。ここに日本海海戦は幕を閉じたのである(※1)。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ