PR

ライフ ライフ

ヘアケア、意識上がる 高級でも「自分に合うもの」

Messenger

 平成26年から展開している、カネボウ化粧品のヘアケアブランド「リクイール」。シャンプーは、「ノーマル頭皮」「オイリー頭皮」「ドライ頭皮」「ボリュームアップ」の4型から選べる。トリートメントは髪の悩み別に「ハリやコシ」「からまり」「広がり」に対応する3型を展開する。

 シャンプーは400ミリリットルで税込み2160円からという価格設定だが、購入を後押しするのが丁寧なカウンセリングだ。松屋銀座のカネボウのカウンターでは、専用カメラで頭皮を撮影し画面上で確認できる。同店でのリクイールの売り上げは今年1~3月で前年同期比168%と好調だ。

 寺本さんは「最近はSNSなどで情報が発信され、気になる成分も自分で調べられます。高級な商品は肌に優しい成分を使っていることも多く、納得して購入されているようです」。

 ◆頭皮ケアも重要

 ヘアケアの中でも特に関心が高まっているのが頭皮ケアだ。「頭皮の環境を整えることが、健やかな髪を育てることにつながります」と話すのは、ヘアケア専門ブランド「ラ・カスタ」のオフィシャルヘッドセラピスト、細川ひろ子さん。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ