産経ニュース

条件示さず 不当な性差別 離職の恐れ…理解の声も 東京医大女子一律減点問題

ライフ ライフ

記事詳細

更新


条件示さず 不当な性差別 離職の恐れ…理解の声も 東京医大女子一律減点問題

 東京医科大が医学部医学科の一般入試で女子受験者の得点を一律減点していた疑いが2日、浮上した。文部科学省の担当者は「条件を公開せずに不当な性差別をしていたとしたら問題」と指摘。東京医大では入試不正をめぐる汚職事件で前理事長らが贈賄罪で在宅起訴されたばかりで、さらに批判を集めるのは必至だ。一方、女性医師が結婚や出産で離職することによる医師不足の恐れから、女子合格者の抑制を「医療現場からみれば必要悪」(大学関係者)と理解を示す声も一部で上がった。

 大学入試をめぐって文科省は毎年、国公私立大に対し公正で妥当な方法で入試を行うことを要請している。具体的な選抜方法については大学側に委ねられるが、募集要項に詳しく明示することになっている。

 男女別の対応では、大阪電気通信大(大阪府寝屋川市)が、女子学生の比率を増やすため公募推薦入試で女子受験生に加点する方針を公表(現在は廃止)。名古屋工業大は一部の学科で女子枠を設けている。

 ただ、東京医大は募集要項に男女の定員などを明記しておらず、減点行為についても説明していなかったとされる。文科省幹部は「女性医師を増やすため、女子受験生を励ます措置をとるならまだしも、合格者を抑制することに合理的な理由はない」とした。

続きを読む

このニュースの写真

  • 条件示さず 不当な性差別 離職の恐れ…理解の声も 東京医大女子一律減点問題

「ライフ」のランキング