産経ニュース

若い女性の痩せ 次世代への影響も懸念

ライフ ライフ

記事詳細

更新


若い女性の痩せ 次世代への影響も懸念

「学びカフェ」で試食する女性たち。栄養や健康の基本を学ぶ(佐藤病院提供) 「学びカフェ」で試食する女性たち。栄養や健康の基本を学ぶ(佐藤病院提供)

 飽食といわれる日本で、若い女性の「痩せ」による栄養不足が問題となっている。女性自身の健康だけでなく、痩せた状態で妊娠・出産すれば生まれてくる子供の健康にも影響を及ぼすためだ。こうした状況を変えようと、正しい栄養の知識を身につけてもらうための取り組みも始まっている。(平沢裕子)

 ◆20代は5人に1人

 「日本では痩せている女性があまりにも多すぎる。痩せているのを美とする社会風潮が依然としてあり、栄養不足というより栄養失調といってもいい状態なのに、問題に気付いていない女性も多い」。こう指摘するのは、産婦人科医で早稲田大ナノ・ライフ創新研究機構・招聘(しょうへい)研究員の福岡秀興さんだ。

 WHO(世界保健機関)は、体格指数(BMI=体重キログラム÷身長メートルの2乗)が18・5未満を「低体重(痩せ)」としている。厚生労働省の国民健康・栄養調査(平成28年)によると、痩せの20代女性は20・7%で5人に1人が該当する。21年には24・6%だったので若干減ったとはいえ、「この割合は、まだ高いと考えるべき」(福岡さん)。

続きを読む

このニュースの写真

  • 若い女性の痩せ 次世代への影響も懸念

「ライフ」のランキング