PR

ライフ ライフ

成田空港でヒアリ初発見 160匹みつかる

成田空港で見つかったヒアリ=7月30日(環境省提供)
Messenger

 千葉県自然保護課などは31日、7月29日に米ダラスの空港から成田空港に空輸された工業製品などが入った貨物の敷板から南米原産の強毒アリ「ヒアリ」が見つかったと発表した。同県内でヒアリが確認されたのは初めて。

 同課によると、29日、成田空港で荷降ろし中の作業員が貨物の下に敷いている木製の敷板に10匹ほどのアリがいるのを発見。国に通報するとともに殺虫剤で駆除した。

 翌30日に敷板を詳しく調べたところ新たに約170匹のアリを見つけ、全て駆除し、専門家に確認を依頼。31日、駆除した約180匹のアリのうち、約160匹をヒアリと確認した。残る20匹は羽アリで種類を確認中。女王アリは見つかっていない。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ