PR

ライフ ライフ

三反園訓・鹿児島県知事が怒声、謝罪 ブラジルで女性添乗員に「何でしめるの」

 鹿児島県の三反園訓知事
Messenger

 鹿児島県の三反園訓知事は31日、7月下旬に公務で訪問したブラジルで、県人会主催の懇談会が自分の想定より早く閉会することへの不満から、旅程を管理していた旅行会社の女性添乗員を呼び捨てにして大声で怒り、後に謝罪していたことを県庁で記者団に明らかにした。

 出席者によると、この時、県議会議長の閉会のあいさつが突然止まった。三反園氏は「思慮が足りなかった。県人会の方々へのあいさつ回りが済んでいなかったので、驚いてつい大声を出してしまった」と釈明した。

 三反園氏と県国際交流課によると、同氏は7月20~23日にブラジル鹿児島県人会との友好親善のためサンパウロなどを訪問し、22日に県人会創立105周年記念式典に出席。約40人が参加した懇談会で、会場を数分離れた間に議長が閉会あいさつを始めていたため、女性添乗員に「何でしめるの」と大声で怒った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ