PR

ライフ ライフ

【話の肖像画】星稜高野球部元監督・山下智茂(1) 5打席敬遠…「力がなくて負けた」

星稜高野球部元監督・山下智茂さん(江目智則撮影)
Messenger

 〈平成4年8月16日、夏の甲子園2回戦の明徳義塾-星稜は異様な雰囲気に包まれた。スタンドは怒号が飛び交い、「帰れ」コールの大合唱。メガホンがグラウンドに投げられた。星稜の4番・松井秀喜(後に巨人)が5打席連続で敬遠されたことへの抗議。今夏、100回目を数える全国高校野球選手権の歴史の中でも特筆すべき“大事件”だった〉

 そうですね…あまり思い出すことはないですね。松井が帰省したときに、会ったときぐらいですかね。もちろん、その話は出ませんし、しません。

 あのチームは日本一になれた。前年秋の明治神宮大会で優勝し、春の選抜大会はベスト8。それだけに、夏こそはと思っていました。そのための練習はしてきた。敬遠ですね…。ランナーがいたときはしようがない。せめて(七回の)2死走者なしの場面では勝負してほしかったという思いはあります。

 投手は打たれてこそ、失敗してこそ、成長する。そういう意味でも勝負してほしかった。僕はアマチュアでずっとやってきたから、スポーツマンシップで戦った。(明徳義塾の)馬淵(まぶち)(史郎)監督は、社会人野球の監督をやってきたから、勝ちにこだわったのかもしれません。それで、いいんじゃないですか。うちは力がなくて負けたんです。

 〈試合中、スタンドから外野の芝へ投げ捨てられたメガホンを控え選手に拾いに行かせた〉

 グラウンド内に入ってはいけない。でも自分が行かせないと収まらないと思いました。「高野連(日本高校野球連盟)に叱られるな」とも思ったけど、後で高野連に呼び出され、「よくやった」と褒められた。注意されたことは何度もありますが、褒められたのは後にも先にも、あのときだけです。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ