PR

ライフ ライフ

上海の日本語雑誌「新大陸」発見 昭和20年8月創刊、1号で幕

Messenger

 昭和20年8月1日に中国・上海で創刊号が刊行され、終戦により1号限りで幕を下ろした幻の日本語雑誌『新大陸』が北京の中国国家図書館で見つかった。当時、上海に暮らした作家、堀田善衛(よしえ)さん(1918~98年)の全集未収録の随筆も掲載されている。

 北京外国語大の秦剛教授(日本近代文学)が今年初め、日本の国立国会図書館にも所蔵がない『新大陸』の存在を確認した。秦さんによると、当時上海で刊行されていた日本語誌4誌を統合し、陸海軍報道部や日本大使館の指示で創刊された。編集後記は「上海は大東亜戦争を勝利に導びく前線」だと記し、雑誌を「日華文化創造の挺身隊」と自称。一方「原稿も内地其他は交通通信の関係で依存できず、当分現地重点」にせざるをえないとあり、情勢の緊迫ぶりもうかがえる。

 堀田さんの随筆「上海・南京」は、上海について、非人間的で「愛情」が街角に欠如していると冷ややかに眺める。同年5月に旅した南京では、城壁の上から眺めた紫金山の美しさを「人間の歴史を既に終つた後の風景」と評し、杜甫の漢詩「国破れて山河あり」を吟味する。代表作「時間」(昭和30年)の冒頭で描くことになる、原点とも言える光景だ。

 今回の発見に関する秦さんの論考や堀田さんの随筆は、8月6日発売の文芸誌「すばる」9月号に掲載される。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ