PR

ライフ ライフ

【昭和天皇の87年】いざ決戦へ、錨を上げた連合艦隊 「本日天気晴朗ナレドモ波高シ」

画=井田智康
Messenger

日本海海戦(4)

 明治37年8月11日、前日の黄海海戦で敗れたロシア旅順艦隊18隻のうち9隻が旅順港に戻ってきた。主力の戦艦はいずれも艦影が変貌するほど破壊され、その惨状に、旅順のロシア軍関係者は言葉を失った。

 残留組だった海軍将校レンガートが、艦隊が帰港したときの衝撃を書き残している。

 「諸艦の惨状は実に目も当てられない。自分はいまだかつてかくも大損傷を受けた軍艦を見たことがない…」

 敗残の艦隊は出撃不能と判断され、その備砲は取り外されて陸戦に転用された。また、旅順港に戻れなかった9隻のうち7隻は中立国の港で武装解除され、2隻は逃走中に自爆した。

 ここに旅順艦隊は、消滅したのである。

 だが、東郷平八郎がそれを知るのは4カ月後、二◯三高地の陥落により港内の敵艦が掃討され、唯一港外に逃れた戦艦セバストーポリも座礁、航行不能となったのを、東郷自ら視認した12月19日だった。

× × ×

 その翌日、すなわち12月20日、東郷は旅順に上陸する。敵艦隊の全滅を確認した以上、一刻も早く内地に戻り、傷ついた各艦の修理を急がねばならないが、その前に東郷には、どうしても会っておきたい人物がいた。

 第3軍司令官、乃木希典(まれすけ)である。

 先任参謀の秋山真之を伴い、第3軍司令部を訪ねた東郷を、乃木とその幕僚が出迎える。寡黙な2人は、微笑をたたえて固く握手を交わした。このとき、互いに何を感じたか-。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ