PR

ライフ ライフ

【クローズアップ科学】日本海で進む「海の温暖化」 異変が世界に先行、漁業に打撃懸念

観測や採水のための装置を日本海から引き揚げる研究チーム=昨年6月(国立環境研究所提供)
Messenger

 豊かな水産資源を育む日本海で異変が起きている。地球温暖化で深海の酸素が減少しており、生態系に悪影響を及ぼす恐れがあると専門家は懸念する。温暖化の影響が表れやすいとされる日本海に、世界の注目が集まっている。

漁獲量が変動

 日本近海のスルメイカは近年、記録的な不漁が続いている。漁獲量は海水温の周期的な変動によって増減することが知られており、現在は低温の不漁期にあたる。

 ただ、北海道大の桜井泰憲名誉教授(海洋生態学)は「周期変動だけが不漁の原因とは断定できない。温暖化で北極の氷が解け、一部の海域が冷えた影響もあるのでは」と指摘する。

 すしネタの代表ともいえるクロマグロ。その漁獲量は近年、日本海で増加している。東京大の木村伸吾教授(海洋水産学)は産卵場の移動が原因とみる。従来は主に東シナ海で産卵していたが、温暖化で水温が上がったため、冷たい海を求めて日本海へ北上した可能性があるという。

 木村氏は「クロマグロは重要な水産資源だが、環境変動の影響を受けやすい。温暖化にどこまで順応できるか」と懸念する。

季節風が引き金

 日本海の深海は、酸素が豊富な表層の水が沈み込んでおり、魚にとってすみやすい環境だ。だが観測データによると、1960年代から酸素濃度は低下し、水温も上昇を続けている。この異変は地球温暖化が引き金になって起きたことを、国立環境研究所などのチームがロシア極東の気温を基に突き止めた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ