PR

ライフ ライフ

早大、セクハラの教授解任 教え子に「愛人」迫る

Messenger

 早稲田大は27日、教え子の20代女性に「愛人」になるよう迫るなどのセクハラ行為をしたとして、文芸評論家としても知られる大学院の渡部直己教授(66)を解任した。大学側の発表や被害女性への取材で分かった。

 大学側は過去の処分事例などを踏まえ、今回のケースは懲戒解雇に当たらないと判断。懲戒処分ではないため、教授には退職金が支給される。ただ、大学側は悪質な事案として返還を求める。

 解任を受け、女性は「教壇に立つ資格がないと判断された点で意義があるが、処分が徹底していない」とのコメントを出した。

 大学側によると、教授は女性を食事に連れて行った際、「卒業したら女として扱ってやる」「俺の女にしてやる」と発言。授業中に他の学生がいる中、雨にぬれた服を着替えるよう指示したほか、指で肩や背中を押す、頭を触るなどの行為があった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ