PR

ライフ ライフ

室外機に濡れタオルは効果ある? エアコンメーカーに聞く

Messenger

 このとき、室外機が吸い込む空気の温度が低いほど、多くの熱を放出できるため、エアコンの効き目がよくなるといいます。

 「話題になっている方法は、タオルに含まれた水が室外機の天板の熱を奪って気化し、天板の温度が下がります。同時に室外機周辺の温度も下がれば、効き目がよくなる可能性はあります」(ダイキン工業の広報担当者)

 ただ、同社は「室外機の天板の温度を下げると、室外機が吸い込む空気がどれほど下がるか分からないため、実際に効果があるかは分かりません」としています。

 注意しなければいけない点もあります。タオルが風で飛ばされ、室外機の吸い込み口や吹き出し口をふさいでしまったり、バケツが室外機から落下し、人間に当たってけがをしたり--といったトラブルが考えられると、ダイキン工業は説明します。

 また三菱電機は、安全性の観点から「推奨できない」としています。

 メーカーが推奨する方法は?

 では、メーカーが推奨する方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

 ダイキン工業は、この方法と同じように気化熱を利用し、業務用エアコンの室外機を冷却して効き目をよくする「エネカット」という製品を販売しています。室外機が吸い込んだ空気と一緒に熱を吹き出す「熱交換機」という部品に、直接散水することで、冷却効果を高めるというものです。ただし、今のところ家庭用エアコンに使える製品は出ていません。

 三菱電機は、室外機への直射日光を防ぎ、冷却効果を上げるために専用の日よけを販売しています。このように「室外機への直射日光を避け、周囲に物は置かない」「室外機周辺の風通しをよくして温度が上がりにくい状態にする」ことが、一番手軽で安全な方法といえそうです。

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ