PR

ライフ ライフ

鏡のように… 光り輝く「カガミダイ」 茨城・大洗水族館で展示中

アクアワールド県大洗水族館で展示されているカガミダイ(同水族館提供)
Messenger

 茨城県大洗町のアクアワールド県大洗水族館で、鏡のように銀色に輝く「カガミダイ」が展示されている。

 カガミダイは北海道から九州にかけての広い範囲で、水深40~800メートルのやや深い砂底に生息している。今回展示されているのは、12日に同館の職員が茨城県日立市の沖合で採集した体長12~15センチの幼魚。26日時点で15匹が展示されている。神経質な性格で餌付けに時間がかかるため、長期飼育が難しいという。

 同館魚類展示課の担当者は「珍しい魚で、本当に鏡みたいできれいなのでこの機会に見てほしい」と話していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ