PR

ライフ ライフ

【話の肖像画】原子力規制委員会前委員長・田中俊一(4) 圧力はね返した「透明性」

田中俊一さん(鵜野光博撮影)
Messenger

 〈平成24年9月に発足した原子力規制委員会は「透明性」を掲げ、原発の安全性をめぐる電力事業者との審査会合をすべて公開した〉

 規制する側が規制される側の論理に取り込まれる「規制のとりこ」という言葉がありますが、それまでは、どんな規制を電力事業者にしているかが国民から見えなかった。発足した規制委に対して、いろんな圧力がかかるのは想像できた。それをどうやってはね返すかと言ったら、国民監視の下に規制を進めるのが一番いいんじゃないかと考えた。どこまで行けるか知らないが、徹底して公開しようと。

 それは、とても良かったのではないかと考えています。国民の目もあり、メディアも見ていることで、規制委の独立性は担保できたと思います。

 もちろん電力事業者は戸惑ったんじゃないですか。規制委のやり方に不満はあると思うし、重い規制になっているとは想像しますが、新規制基準に合格することで原発再稼働の道が開けたということについては、評価している面もあると思っています。

 〈在任中に高速増殖炉原型炉「もんじゅ」の運営主体を日本原子力研究開発機構以外に求めるよう勧告し、結果的に政府は廃炉を決めた〉

 施設の点検漏れなど不適切事例が相次いだのは問題外で、自ら墓穴を掘って潰れたにすぎず、私が何かしたわけではない。廃炉が決まって明らかになったのは、もんじゅの燃料を取り出すだけで5年半以上かかるということ。取り出して新しい燃料を入れるのに7年も8年もかかる。それで発電炉として成り立つのか。電力事業者は絶対やらないでしょう。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ