PR

ライフ ライフ

【びっくりサイエンス】理科室の標本は語る 琵琶湖の魚は何を食べ、どう生きたのか

Messenger

 この比率の変化を調べると、餌の変化を探れる可能性がある。富栄養化などで餌の選択肢が増えて食べるものが変わったり、環境の悪化や外来種など他の生物との競争などで、それまでの餌が食べられなくなったりすると、比率が変わるからだ。

食物連鎖での位置付け判明、環境保全に活用へ

 食物連鎖における立ち位置は、同じ生物でも餌の種類が変わると上下する。つまり窒素の同位体比率を調べれば、植物から、それを食べる草食動物へ、さらに草食動物を食べる肉食動物へと上がっていく立ち位置のどこにいるのか、推定できる。

 ハスは繁殖期以外は湖の沖にいるが、6~8月の繁殖期には流れ込む川の河口付近で過ごす。沖では水中の植物プランクトンや藻を食べて育ったエビや小魚を捕食するが、河口では落ち葉など陸域を起源とするものを水生昆虫などが食べ、それをハスが食べることが起こり得る。

 このためチームは、餌の栄養源が陸域か水域か、その混合割合がどの程度かも調べた。水域の栄養源を明らかにするため分析したのは、水中の植物プランクトン由来のものしか食べないと考えられるハゼ科のイサザ。この魚も、ここ100年ほどの標本が周辺地域に保存されていた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ