PR

ライフ ライフ

【昭和天皇の87年】「撃沈します」! 日清戦争でみせた東郷平八郎の決断力

画=井田智康
Messenger

日本海海戦(1)

 日露戦争後、その活躍から海の東郷、陸の乃木と称された東郷平八郎と乃木希典(まれすけ)は、何かと比較されることが多い(※1)。2人とも謹厳実直を絵に描いたようで、のちに神格化され、国定教科書にも取り上げられた。

 そして2人とも、先の大戦後は学校でほとんど教えられなくなった。

 だが、本連載では2人について詳述しないわけにはいかない。なぜなら2人は裕仁親王の、すなわち昭和天皇の帝王教育に深く関わることになるからだ。

 乃木より1歳年長の東郷は弘化4(1847)年、鹿児島城下加冶屋町(現鹿児島市)で生まれた。同町には西郷隆盛ら維新の元勲の生家が多く、東郷は薩摩閥の一人として重用されることになる。

 明治4(1871)年、西郷の口利きで英国の商船学校に留学し、11年に帰国、海軍中尉に任じられた。以後、比叡乗組(12年)、天城副長(14年)、同艦長(17年)、大和艦長(19年)、浪速(なにわ)艦長(24年)、常備艦隊司令長官(28年)など、海軍勤務の大半を海上で過ごす。

 この間、東郷の名声を高めたのが、ハワイのクーデターと高陞(こうしょう)号事件だ。英国留学中に学んだ国際法が、寡黙な男の“武器”となった。

× × ×

続きを読む

関連ニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ