PR

ライフ ライフ

人間国宝、新たに3人 同分野で初の3代認定

江戸小紋について説明する人間国宝に選ばれた小宮康正さん=東京都葛飾区
Messenger

 文化審議会は20日、重要無形文化財保持者(人間国宝)に江戸小紋(こもん)の小宮康正さん(62)=東京都葛飾区=と能囃子方大鼓(のうはやしかたおおつづみ)の柿原崇志(たかし)さん(77)=東京都練馬区、沈金(ちんきん)の山岸一男さん(64)=石川県輪島市=の3人を認定するよう林芳正文部科学相に答申した。

 小宮さんは祖父と父も江戸小紋の人間国宝で、同じ分野の3代連続認定は初。政府は秋にも答申通り告示する。江戸小紋は型染めの一種。祖父の康助さん(本名・定吉)、父の康孝さんから受け継いだ染色技法の錬磨に努め、芸術性の高い作品を生み出している。

 柿原さんは、卓越した技量で「石橋(しゃっきょう)」など大きな舞台を数多く務め、後進育成にも力を入れている。山岸さんは、漆の装飾技法である沈金を応用し、繊細な質感や複雑な色彩を表現した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ