PR

ライフ ライフ

平均寿命が最高更新 男性81・09歳で世界3位 女性87・26歳は2位 

Messenger

 平成29年の日本人の平均寿命は男性が81・09歳(前年80・98歳)、女性が87・26歳(同87・14歳)で、ともに過去最高を更新したことが20日、厚生労働省の調査で分かった。過去最高の更新は男性が6年連続、女性が5年連続。男女差は前年より0・01歳広がり、6・17歳になった。

 「3大死因」と呼ばれるがん、心疾患、脳血管疾患で亡くなる人が減少傾向にあるためで、厚労省は「国民の健康意識の高まりや医療技術の改善で、寿命はまだ延びていく余地がある」と分析している。

 主な国・地域の平均寿命をみると、男女とも1位は香港。日本の男性は前年2位から順位を下げ、3位。女性は2位を維持した。

 厚労省は毎年各年齢の人が平均何年生きられるかを表す「平均余命」の見込みを計算。平均寿命は、その年に生まれた0歳の子供が何年生きられるかを示している。

 29年生まれの日本人では、75歳まで生きる人の割合は男性75・3%、女性88・1%。90歳まで生きる人の割合は男性25・8%、女性50・2%で、いずれも過去最高だった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ