PR

ライフ ライフ

【山本一力の人生相談】同居の嫁が不機嫌で会話もままならない

Messenger

 「足るを知りなさい。結婚したら嫁さんとこどもを、一番大事にしなさいや」と。

 貴兄はなぜ、息子と嫁とが仲の良いことを、一番に喜ばないのだろうか。

 嫁さんに大事なのは亭主とこどもだ。彼女は共働きで、家計の片翼を担っている。

 貴兄の主張は貴兄のもの。息子夫婦には別の考えがあり、夫婦で手を携えている。

 信頼しあい、共に汗を流せば家族の絆は結び目も固い。

 ひとまず貴兄の主張も身も後ろに退き、息子一家の幸せを喜ぶことが、一番の大事ではなかろうか。

 週に一度の飯には感謝の言葉、褒め言葉で接する。

 貴兄が変われば、事態はかならず好転するはずだ。

回答者

 山本一力 作家。70歳。平成9年「蒼龍」でオール読物新人賞を受賞しデビュー。14年「あかね空」で直木賞受賞。近著に「牛天神 損料屋喜八郎始末控え」(文芸春秋)、「長兵衛 天眼帳」(角川書店)。

 相談をお寄せください

 住所、氏名、年齢、職業、電話番号を明記のうえ、相談内容を詳しく書いて、〒100-8078 産経新聞文化部「人生相談 あすへのヒント」係まで。

 〈メール〉life@sankei.co.jp

 〈FAX〉03・3270・2424

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ