PR

ライフ ライフ

【健康カフェ】(132)水 飲めば飲むほど健康にいい?

Messenger

 糖尿病で通院する60代男性は「健康のために水をたくさん飲んだ方がよいと聞いたから」と、1日2リットル以上飲むようにしているといいます。外出時に水やお茶を持ち歩くのはもちろん、家のあちこちに飲み物を置き、こまめに飲んでいるそうです。

 私たちの体の60%は水からできており、生きていく上で水が必要不可欠なのは間違いありません。私たちは体の水分を飲み物からだけでなく食事からも取り込んでいます。そして、取り込んだ水分は、尿や便、汗で排出する他、気道や皮膚から蒸発していきます。

 水は体の中で、細胞や組織の形を維持する▽養分や老廃物を運搬する▽体温調節▽消化液などの分泌-などさまざまなことに役立っています。また、たくさん水を飲むことが、腎機能の低下や腎結石を予防すると考えられています。

 ただし、腎機能が低下してきた人では、たくさん水を飲んだからといって、腎機能が良くなるわけではありません。カナダで5月、約600人の中等度の腎障害を持つ人を対象に、たくさん水を飲むことで腎機能が改善するかを調べた研究結果が報告されました。対象者を半分に分け、毎日1リットル余分に水を飲むよう心がけたグループと、何もしないグループで、1年後の腎機能に違いがあるかを調べたのですが、腎機能の低下に違いはありませんでした。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ