PR

ライフ ライフ

【ゆうゆうLife】残薬防止へ「薬が余っている」と薬剤師に伝えて 複数回に分けた受け取りもOK

Messenger

 加藤さんは「きちんと薬を飲めて生活習慣病などの数値が改善すれば、患者さんには達成感もある。食生活などに気をつける意欲も持てる」と効果を実感する。

 分割調剤の目的は、薬剤師が薬の処方“後”を継続的に管理できること。薬をきちんと飲めているのか、副作用はないか、続けて見てくれる人がいることが、患者にはメリットだ。

 東京都台東区のみどり薬局の薬剤師、坂口眞弓さんは「残薬調整で薬を減らすことはよくあるが、分割調剤はしたことがない」という。分割調剤をしても、患者が2回目以降、別の薬局に処方箋を持参してしまっては継続管理にならない。それが心配だということが大きい。

 坂口さん自身は、患者に調剤した“後”の管理のため、通信アプリ「ライン」の法人用を利用する。薬局のQRコードをシールで提供、お薬手帳に貼付してもらう。

 処方箋の画像を事前に受け取ったり、調剤して数日後に、患者に「お薬を飲めてますか?」と聞いたりする。「ラインだと、患者さんが気楽につぶやける。距離感も縮まる。調剤後をフォローすることはとても大切」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ