PR

ライフ ライフ

外反拇趾 高齢者に負担少ない手術も

Messenger

 女性の足の悩みで多い外反拇趾(ぼし)。夏になってサンダルを履く機会が増えると目立ってしまうことも。見た目が良くないだけでなく、しびれや痛みに悩む人も少なくない。最近では、負担の少ない手術法も広がりを見せている。専門家に治療方法を聞いた。(油原聡子)

                   

 外反拇趾は、足の親指が人さし指の方向に「く」の字に曲がり、付け根の部分が出っ張った状態を言う。

 足の専門病院として知られる、下北沢病院(東京都世田谷区)の菊池恭太医師は「見た目だけの問題ではありません。痛みや足全体の症状につながることもあります」と説明する。

 親指が傾いたことで痛みが発生する。出っ張った部分が靴に当たって痛んだり、神経が圧迫され、しびれが出たりする場合もある。菊池医師は「足の痛みを避けようと、他の部位に負担がかかり、腰痛などが起こるケースもあります」と話す。

 女性に多く、つま先が細い靴やヒールの高い靴は外反拇趾を起こしやすいとされる。「健常な足には縦と横にアーチがあり、バランスを取っています。加齢でアーチが崩れると外反拇趾になりやすいため、特に高齢の女性に多い」と菊池医師。一方、生まれつきの足の骨格構造が影響することもあり、ハイヒールを履いていなくても、外反拇趾になることがあるという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ