PR

ライフ ライフ

【浅利慶太さん死去】中曽根康弘元首相 「政治、文化など夜更けまで話した」

2008年7月14日、劇団四季創立55周年記念懇親パーティーで歓談する浅利慶太代表と中曽根康弘元総理=横浜市(瀧誠四郎撮影)
Messenger

 演出家で劇団四季元代表の浅利慶太さんの死去を受け、中曽根康弘元首相は以下のようなコメントを出した。

 浅利慶太さんのご訃報に対し慎んでご冥福をお祈りします。私は若く政治家としては無役の時代、積極的に文化人と交流したが、浅利さんは若くして有能な演出家で、その芸術論とともに多くを学ばせてもらった。

 特に総理時代、日の出山荘にレーガン大統領を招き、浅利さんの助言を受け日米首脳会談を成功裏に運ぶことができたことは故人に負うところが大きい。

 又、浅利さんは政界の知己も多く、色々な局面で私を助けて頂いた。夏には軽井沢の私の別荘に床屋政談と称しては訪ねてきて、政治や文化など多岐にわたる話を夜が更けるまでしたことは良き思い出となっている。

 改めて故人との交流に感謝し、その人柄を偲びつつ安らかな永眠をお祈りいたします。

中曽根康弘 

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ