PR

ライフ ライフ

がん見落とし40代女性死亡 東京・杉並区検診 44人が要精密検査に

Messenger

 東京都杉並区の河北健診クリニックが、胸部エックス線検査を受けた40代の女性の肺がんを見落とし、女性が死亡していたことが17日、分かった。クリニックに肺がん検診を委託していた区などが発表した。また過去の胸部エックス線画像を精査したところ、44人に精密検査の必要があることも判明したという。

 区などによると、女性は平成17年以降、クリニックで区の検診や職場の保険組合の健診を計10回受診。医師2人が胸部エックス線画像を診断し、26年の健診では、このうち1人の内科医が肺がんの疑いのある影を指摘していた。しかし、もう1人の放射線科医が乳頭が写っているとし「異常なし」と判定されていた。

 放射線科医の方が専門性が高いとして判断を優先したという。翌年と今年1月の健診などでも2人の医師が「異常なし」としていた。

 女性は今年4月に呼吸困難などで別の病院に救急搬送され、その際に過去の見落としが判明。女性は6月に死亡した。

 問題を受け、区はクリニックが行った区の肺がん検診の再確認を要請。26年9月以降に異常なしと判定された9424人の胸部エックス線画像を確認したところ44人に精密検査が必要であることが分かったという。対象者に連絡を取り受診を勧めている。

 クリニックを運営する河北医療財団の河北博文理事長は「適切な治療をお受けになる機会を奪ったことを心からおわびします」と謝罪した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ