産経ニュース

世界的な彫刻家、流政之氏死去 95歳

ライフ ライフ

記事詳細

更新


世界的な彫刻家、流政之氏死去 95歳

 死去した流政之さん  死去した流政之さん

 “サムライアーティスト”として知られる世界的な彫刻家、流政之(ながれ・まさゆき)氏が7日に老衰のため死去したことが17日分かった。95歳だった。

 1923年、長崎県生まれ。立命館大学を中退後、海軍予備学生出身の零戦パイロットとして終戦を迎えた。戦後、全国を放浪し独学で彫刻を学んだ。55年、第二次大戦で亡くなった日米戦没搭乗員の追悼個展を開催して彫刻家デビュー。64年にニューヨークの万国博覧会で壁画「ストーンクレージー」を展示して話題を呼ぶ。以後、抽象、具象、石彫、木彫、金属など多彩な作品を制作した。守護神をイメージした「サキモリ」、三味線のバチのかたちをした「ナガレバチ」シリーズで高い評価を得た。その後、アメリカで本格的に始動すると、“サムライアーティスト”と呼ばれて人気を得た。

 75年、ニューヨークの世界貿易センタービルのシンボルとして約250トンの世界最大級の石の彫刻「雲の砦」を制作。その後、日本に帰国し、高松市を拠点に制作を続けた。彫刻家として活動するかたわら庭園のデザインも数多く手がけた。

 日本建築学会賞、日本芸術大賞、中原悌二郎賞など受賞多数。

「ライフ」のランキング