PR

ライフ ライフ

【将棋】藤井聡太七段、戦後最年長デビューの今泉健司四段に敗れる NHK杯テレビトーナメント

藤井聡太七段
Messenger

 将棋の高校生棋士、藤井聡太七段(15)は15日に放送された第68回NHK杯テレビ将棋トーナメント1回戦で、先手の今泉健司四段(45)に159手で敗れた。

 藤井七段は14歳2カ月の史上最年少でプロデビュー。一方の今泉四段は年齢制限で奨励会退会後、企業などに勤務しながらアマとして活躍。その後、プロ編入試験を受けて合格し、戦後最高齢の41歳でプロデビューした。

 藤井七段の今年度の成績は10勝3敗。

 産経新聞社では将棋の魅力をより深くお伝えするコンテンツ作りのためアンケートを実施しています。ご回答いただいた方から抽選で20人の方にクオカード(1000円相当)が当たります。是非、ご回答ください。

⇒アンケートはこちらから

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ