産経ニュース

「出口塾」が学生起業支援 APU学長発案で立ち上げ

ライフ ライフ

記事詳細

更新


「出口塾」が学生起業支援 APU学長発案で立ち上げ

 大分県別府市の立命館アジア太平洋大学(APU)は、学生の起業を支援する課外プログラム「APU起業部」(通称・出口塾)を立ち上げる。生命保険業界に変革をもたらしたライフネット生命保険の創業に関わった出口治明学長(70)が発案し、自ら塾長を務める。本年度は、将来の世界展開を志向するベンチャー5社の誕生を目指す。

 APUによると、学長が主導し、学生の起業を目指す大学公認の部活動は全国的に珍しいという。16日の発足式では出口氏が起業体験を披露する。

 出口塾には、11カ国からの留学生を含む学生32組46人が入部。国際経営学部の教授らが起業に必要な手続きや事業計画の作成方法、資金調達の方法を個別に教える。出口氏や学外の起業家を招いた講演会で起業ノウハウを伝授し、学生の人脈作りも応援する。

「ライフ」のランキング