PR

ライフ ライフ

【海峡を越えて 「朝のくに」ものがたり】(27)「取り入れる」日本人 朝鮮語の唱歌までつくった

Messenger

 ◆耕筰・露風の幻の唱歌

 “日朝折衷”唱歌はその後も続く。昭和7年に京城師範の音楽教育研究会がつくった「初等唱歌・第三学年用」には、山田耕筰作曲、三木露風(ろふう)作詞の大御所コンビによる『五月雨』『水車』『冬の朝』など、日本でもほとんど知られていない唱歌が収録されている。大正12年に大阪の出版社が発行した唱歌集に掲載されているが、耕筰の関係者も把握していなかったいわば“幻の唱歌”だ。

 耕筰は、満州唱歌である『ペチカ』や『待ちぼうけ』(大正13年の「満洲唱歌集・尋常科一、二年用」に収録)もつくっている。きっと、京城師範の教育者たちは、芸術性の高い耕筰の曲を朝鮮の子供たちに教えたかったのだろう。

 ただ、朝鮮の唱歌にも時期の濃淡があった。日中戦争翌年の昭和13年に改正された朝鮮教育令(第3次)によって、唱歌も一新され、以後、皇民化や軍国色の強い歌が増えてゆく。日本人教育者が愛情込めた自由な朝鮮の唱歌を知る人は今やほとんどいない。=敬称略、土曜掲載(文化部編集委員 喜多由浩)

次のニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ