産経ニュース

【昭和天皇の87年】ドイツ人医師がみた皇太子一家の「本当の幸福な家庭生活」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【昭和天皇の87年】
ドイツ人医師がみた皇太子一家の「本当の幸福な家庭生活」

画=井田智康 画=井田智康

家族の愛情

 乃木希典(まれすけ)率いる第3軍の奮闘により、難攻不落のロシア旅順要塞が陥落した明治38年の新春、日本国内は、もうひとつの慶事に沸いた。

 同年1月3日《午後七時二十八分、東宮御所御産所において、皇太子妃は第三男子を御分娩になる》(昭和天皇実録1巻72頁)

 この吉報を新聞は、宮内省の正式発表を待たずに速報した。翌4日の都新聞が書く。

 「本年は何たる目出度(めでた)き年柄ぞや、旅順の敵降伏の報ありて、人々祝賀の情に堪へざる折も折、昨日皇太子妃殿下御分娩皇孫御降誕ありとの報、雲の上より漏れ承りぬ」

 明治天皇は第3皇子に宣仁(のぶひと)の名と、光宮(てるのみや)の称号をおくった。のちの高松宮である。

 当時、裕仁親王(のちの昭和天皇)は雍仁(やすひと)親王(のちの秩父宮)とともに、避寒のため静岡県沼津の故川村純義別邸に長期滞在していた。兄弟3人がそろって会うのは同年3月22日、宣仁親王が節子皇太子妃とともに沼津を訪れたときである。もうすぐ4歳になる裕仁親王は、まだ生後80日足らずの弟に興味津々だったようだ。

 この日、東宮侍従長の木戸孝正は日記に「迪宮(みちのみや=裕仁親王)及淳宮(あつのみや=雍仁親王)両殿下ハ至テ御機嫌克(よ)く、何より有難く存せり」と書いた。

× × ×

続きを読む

関連ニュース

「ライフ」のランキング