産経ニュース

のりと魚介類、海藻類使った料理 JF全漁連がレシピ募集

ライフ ライフ

記事詳細

更新


のりと魚介類、海藻類使った料理 JF全漁連がレシピ募集

服部栄養専門学校で行われた昨年の実技審査=東京都渋谷区 服部栄養専門学校で行われた昨年の実技審査=東京都渋谷区

 魚料理の良さを再発見してもらおうと、全国漁業協同組合連合会(JF全漁連)は毎年、シーフード料理コンクールを実施している。19回目となる今年は、「のり」に焦点を当て、のりと魚、貝、海藻類を使ったオリジナルのレシピを募集している。

 だれでも応募できる「チャレンジ部門」のテーマは「みんなで楽しむ」。家族や友人など、いっしょに食べたい人を想定した上で、国産ののり(生のり、つくだ煮なども可)と魚介類、海藻類をメインに使い、野菜も組み合わせるなど全体のバランスや彩りも考慮して一品料理を作る。

 また、食のプロを目指している調理師専門学校や高等学校調理科などの学生を対象とした部門は、「私のお店で出したい」がテーマ。

 いずれも材料費の目安は2人分で3000円以内。調理時間は40分。魚介類、海藻類を選んだ理由、また、その料理を食べる人に向けたPRポイントなども明記する。

 書類審査を経て12月16日、服部栄養専門学校(東京都渋谷区)で実技審査を行い、最優秀賞(農林水産大臣賞)など各賞を選ぶ。受賞者には副賞が贈られる。

 締め切りは9月25日(当日必着)。詳細はJF全漁連ホームページ。問い合わせは、(電)03・3294・9674。

「ライフ」のランキング