産経ニュース

歌丸さん苦しめたCOPD 原因9割たばこ、予防は禁煙

ライフ ライフ

記事詳細

更新


歌丸さん苦しめたCOPD 原因9割たばこ、予防は禁煙

酸素チューブを装着して高座に上がる桂歌丸さん=4月、国立演芸場(栫井千春撮影) 酸素チューブを装着して高座に上がる桂歌丸さん=4月、国立演芸場(栫井千春撮影)

 主な症状である息切れを「年のせい」と思う人も多いが、健康な人は年を取っても普通の日常生活で息切れをすることはない。階段を上ったり畑仕事をしたりなど1年前に普通にできた活動で息切れを感じるのは異常のサインで、早めの受診が必要だ。同様に、チェック表の合計が4点以上はCOPDの可能性がある。診断には、呼吸機能を調べる「スパイロメータ検査」は欠かせず、受診は呼吸器内科の専門医がいる医療機関が勧められる。

 治療は、呼吸や運動などのリハビリテーション、薬の服用などを組み合わせる。栄養をしっかり取り、一度に少ししか食べられない人は、食事回数を増やすなどし、適正体重を維持するようにする。

 福地名誉教授は「最大の原因はたばこなので、予防・治療とも禁煙が何より大切。高齢者の中には『もう年だから』と吸い続ける人がいるが、たばこの害は吸っている本人だけでなく同居する妻や子、孫にも及ぶ。禁煙は何歳でも効果があるので、必ず実行してほしい」と話している。

このニュースの写真

  • 歌丸さん苦しめたCOPD 原因9割たばこ、予防は禁煙

「ライフ」のランキング