産経ニュース

小笠原に1000メートルの滑走路設置構想、プロペラ機の運航を想定 東京都

ライフ ライフ

記事詳細

更新


小笠原に1000メートルの滑走路設置構想、プロペラ機の運航を想定 東京都

 東京都は12日、都心から約千キロ南にある小笠原諸島(小笠原村)と本土を結ぶ航空路に関する協議会を開き、父島西部に千メートルの滑走路を設置し、フランスの会社が開発予定のプロペラ機の運航を想定して検討を進めると確認した。

 島と本土を結ぶ交通手段はおおむね週1回の定期船のみで、村は長年、航空路開設を求めてきた。小池百合子知事は6月30日に父島で開かれた小笠原諸島返還50周年記念式典で、これまで検討してきた1200メートルより短い千メートルの滑走路で運用可能な機材について調査分析すると明言していた。

 会議で都は、滑走路の長さを千メートルにすることで周辺の峠を低くする際に切り出す土の量が減るほか、海に突き出す滑走路の長さが短くなり、自然環境への影響が軽減されると報告した。

 また、千メートルの滑走路で離着陸が可能として、プロペラ機大手のATR(フランス)が開発予定の座席数48席の機材を示した。

「ライフ」のランキング