産経ニュース

【話の肖像画】映画監督ヤン・ヨンヒ(2) 北朝鮮に3人の兄を奪われ 「地上の楽園」と宣伝された祖国

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【話の肖像画】
映画監督ヤン・ヨンヒ(2) 北朝鮮に3人の兄を奪われ 「地上の楽園」と宣伝された祖国

ヤン・ヨンヒさん(斎藤良雄撮影) ヤン・ヨンヒさん(斎藤良雄撮影)

 〈昭和39年、在日コリアンと日本人が共に暮らす町、大阪・鶴橋で生まれた。在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)幹部の父や年の離れた3人の兄の愛情を受けて育った〉

 待望の女の子としてかわいがられ、いつも私を溺愛する父の膝の上に座っていました。晩酌して機嫌が良くなると、毎日のように「母ちゃんと結婚してよかった」「アイラブユー」と口にして、「欧米か」と突っ込みたくなるような父親。当時の在日社会ではかなり珍しい男だったと思います。母は「日本人の前に出ても恥ずかしくない格好をしなさい」が口癖。礼儀にもうるさかった。

 兄たちは8~12歳も年が離れていたが、お馬さんになってくれたり、ホウキでちゃんばらごっこをしたり。私はすごく体が弱くて、病院に連れて行ってくれるのも兄たちでした。

 〈一家の生活は46年秋以降、一変する。学生だった兄3人の北朝鮮移住が決まったのだ。34年から四半世紀にわたって行われた「帰国事業」。北朝鮮国内の厳しい経済環境は伏せられたまま、「地上の楽園」と宣伝された祖国に9万人以上が渡った〉

 当時、生活の中で日本人からの差別を感じることは少なかったが、社会の仕組みとしては職業選択の自由が制限されていた。制限は緩和されたけれど不寛容な空気が広がっている、現代とは逆ですね。考えられる進路は総連組織で働くか、焼き肉屋を開くか、または出自を隠して歌手になるか。大企業にも入れず、教師にもなれなかった。

続きを読む

「ライフ」のランキング