PR

ライフ ライフ

【文科省局長逮捕】「心からおわび」と東京医科大側 贈賄側の東京医科大理事長、学長の辞職明らかに

記者会見で謝罪する東京医科大の行岡哲男常務理事=6日午後、東京都新宿区
Messenger

 文部科学省の私立大学支援事業をめぐる汚職事件で、東京医科大は6日、臼井正彦理事長(77)と鈴木衛(まもる)学長(69)が同日に辞表(5日付)を提出し、受理されたことを明らかにした。

 同大の行岡哲男常務理事(66)が東京都内で記者会見し、「教育、医療機関である本学が嫌疑をかけられ、心からおわび申し上げる」と謝罪。捜査の支障にならない範囲で、大学独自に事実関係を調査する考えを示した。

 臼井、鈴木の両氏が会見に出席しないことについては「事実関係に言及することは影響を及ぼすため、出席を控えさせていただいた」と説明。不正があったかどうかの質問には、「捜査に支障をきたす」として回答を控えた。

 臼井氏は、受託収賄容疑で東京地検特捜部に逮捕された文科省前科学技術・学術政策局長の佐野太容疑者(58)に昨年5月、同省支援事業の対象校に選定されるよう依頼し、便宜を図ってもらった見返りに佐野容疑者の息子を同大に不正に合格させ、鈴木氏も入学試験の不正に関与した疑いがもたれている。行岡常務理事によると、佐野容疑者の息子は現在、大学を休んでいるという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ