PR

ライフ ライフ

【話の肖像画】自民党副総裁・高村正彦(3) ペルー事件、カストロ氏に直談判

高村正彦氏(萩原悠久人撮影)
Messenger

 〈昭和55年、父の高村坂彦元衆院議員の引退に伴い、衆院旧山口2区から出馬し、初当選した〉

 日米開戦の回避に動いた父の話をいろいろ聞いていただけに、政治家になったら外交・安全保障をやりたいと思っていました。私は経済と防衛から入りました。

 〈平成8年12月に在ペルー日本大使公邸人質事件が発生。外務政務次官として解決に取り組んだ〉

 日本が重視したのは平和解決。私は外務省のオペレーションルームに大みそかも正月も含めて毎日通い、ペルーや周辺国からの情報と向き合いました。

 ただ、テロリストの要求は仲間の釈放で、ペルーのフジモリ大統領がのむはずもない。私は事件直後から「テロリストのリーダーのセルパが英雄視するキューバのカストロ議長に説得してもらうしかない」と考えるようになります。

 あるとき、在ワシントン日本大使館の藤崎一郎公使が、米国務省から「公邸近くの民家にダンプカーが入っていき、翌朝タイヤをへこませて出ていく」との情報をつかんできました。ペルー政府は、「平和解決を目指す」と言いながら、突入作戦も想定してトンネルを掘っていたのです。日本への説明は一切ありません。私は厳重な箝口(かんこう)令を敷きました。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ