産経ニュース

【話の肖像画】自民党副総裁・高村正彦(2) 父の教え「外交の失敗は一国亡ぼす」

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【話の肖像画】
自民党副総裁・高村正彦(2) 父の教え「外交の失敗は一国亡ぼす」

高村正彦氏(萩原悠久人撮影) 高村正彦氏(萩原悠久人撮影)

 〈内務省の役人だった高村坂彦氏の四男として生まれた〉

 私の父は、昭和15、16両年の第2次・第3次近衛文麿内閣で首相秘書官を務めました。父は日米戦争の開戦に反対し、戦争突入後も軍の物資を調達する内務省国土局総務課長として戦争遂行能力が皆無と判断し、当時の安藤紀三郎内相に戦争中止を求める上申書を出しました。「現実的」な平和主義者だった。私が小学生の頃には、父から何度も「内政の失敗は一内閣が倒れれば足りるが、外交の失敗は一国を亡(ほろ)ぼす」という言葉を聞かされました。私の頭のど真ん中に入りました。

 〈小学生時代は相撲に熱中した〉

 私は3月15日生まれで、小学校に入学したときは体が一番小さかった。ただ、体を動かすことは好きで、野球や相撲を楽しんでいました。小学5年生で左目を大けがし、距離感がつかめないようになりました。野球はこれまでしたことのない空振りが目立つようになりましたが、相撲には影響がなかった。

 しかし、小さい体では相撲取りになれっこない。「相撲評論家」になると決心し、文房具店で大学ノートを買い、相撲に関する新聞のスクラップを始めました。これは一日で終わったのですが、当時は元横綱・栃錦の大ファンで、彼が関脇時代に初優勝したときはラジオで生中継を聞いていました。平成25年に横綱審議委員となり、図らずも小学生時代の夢がかないました。

 〈中央大時代は少林寺拳法に熱中し、23歳で司法試験に合格。昭和43年に弁護士登録した〉

続きを読む

「ライフ」のランキング