PR

ライフ ライフ

【話の肖像画】政治評論家・屋山太郎(5) 僕は「安倍1強」で構わない

屋山太郎さん (酒巻俊介撮影)
Messenger

 〈選挙制度審議会委員として衆院選での小選挙区制導入の旗振り役を務めた。決定から24年が経過し、武村正義元官房長官ら小選挙区制導入を公約に掲げていた政治家にも見直し論がくすぶる〉

 見直し論なんか聞く必要ないよ。今のままの小選挙区比例代表並立制を変える必要はない。そもそも政策、理念を同じくする党の仲間が同一選挙区で同士打ちをし、サービス合戦でカネを使うようになったことが金権政治に陥った源だ。中選挙区で国会議員を選んでいる主要国はない。中選挙区時代のような派閥の合従連衡では健全な政党政治は育たないし、政権交代も起きなかっただろう。

 〈今秋に自民党総裁選が控える〉

 批判じみた言い方で「安倍1強」というが、僕はそれで構わないと考えている。安倍晋三首相の進める日本外交の路線、とりわけ対中外交は世界の趨勢(すうせい)から考えても大事な流れを作っている。中国、韓国は体制もモラルも各国とは異なる、特殊な国だということを知らしめたことも評価できる。自民党は今の方針でまとまっていくべきだな。

 憲法改正の必要性や日米安全保障条約を分かっていない、無思想な政治家に首相は務まらない。将来的には小泉進次郎筆頭副幹事長も総裁選に名乗りを上げるだろうが、ポスト安倍候補にはまだ思想がない。安倍首相で固まるしか、選択肢はないよ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ