PR

ライフ ライフ

ポーランドがナチ収容所表現で法改正 イスラエルなどの反発受け条文破棄

会見するポーランドのモラヴィエツキ首相=27日、ワルシャワ(AP)
Messenger

 ポーランドの上下両院は27日、同国にあるナチス・ドイツの強制収容所跡をメディアや政治家が「ポーランドの強制収容所」などと簡略化して表現することを禁じた法律の改正案を可決した。違反者に最高で禁錮3年を科すなどとした条文の破棄が決まった。

 ポーランド政府は、こうした表現はナチスのホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)の責任がポーランドにあるとの誤解を招くと主張し、違反者に禁錮刑を科すことを盛り込んだ法が2月に成立した。これに対しイスラエルが、ポーランドでの虐殺の責任を否定する行為だと反発し、両国間で外交問題に発展していた。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ