PR

ライフ ライフ

【話の肖像画】政治評論家・屋山太郎(4) 土光臨調で国鉄改革訴える

正論大賞贈呈式であいさつ。傍らで花束を持つ鳩子夫人と =都内のホテル(大井田裕撮影)
Messenger

 〈昭和56年3月に、行財政改革専門の審議会、第2次臨時行政調査会が発足する。経団連会長経験者の土光敏夫氏が会長を務める「土光臨調」。時事通信から推薦を受け最年少の48歳で参加する〉

 毎週火曜日、土光さんが僕らマスコミ出身のメンバーと丼物を食べながら意見交換した。平河町にあった消防会館は古いビルで、土光さんが「無駄をするな」と言うから暖房もなく、やたら寒かった思い出がある。僕がまず問題提起したのは、国鉄と自動車の車検だった。「国鉄は毎年2兆円の赤字で出血し続けている。労使は逆転しヤミ休暇など職場の規律は乱れている。正常化したい」と訴えた。

 〈ところが当時の国鉄の高木文雄総裁が記者会見で「臨調は現状を知らずに批判する」と発言した〉

 あのときは心底腹が立ったよ。各地の駅長や駅の助役に聞き、さらに詳しく調べ上げた。公共事業体では法律で禁じられていたスト権ストを打つだけでなく、超過時間にかかわらず一律8時間分の支給を受けるヤミ超勤、旅行会や海水浴など年間6日のヤミ休暇の取得など、ふざけた状態が分かった。労務担当が国労(国鉄労働組合)に押さえ込まれて文句が言えない状態になっていたからだった。

 〈調査した結果をまとめ、「文芸春秋」の57年4月号で「国鉄労使『国賊』論」を発表した〉

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ