PR

ライフ ライフ

山形・尾花沢市に巨大な田んぼアート出現

山形県尾花沢市名木沢に出現した田んぼアート(柏崎幸三撮影)
Messenger

 山形県尾花沢市名木沢の水田に巨大田んぼアートが出現-。縦75メートル×横30メートルの田んぼアートは、地元尾花沢市出身の脚本家、あべ美佳さん考案の「スイカ太郎」の物語をもとに、まちおこしを行う福原ふるさと塾と市立福原小学校の児童が今年5月末に植えた黒大黒、黄大黒、雪あそびなど5種類の古代米、鑑賞用米の苗でつくった。

 最初緑だった苗は、成長し、白、濃い茶、深い緑などに色が変わり、スイカを食べるスイカ太郎と結婚したつや姫が長男、雪若丸を抱く、仲むつまじい3人家族の幸せなスイカ太郎一家を見事に描いている。

 雪若丸は、今年秋に初めて出荷される山形県のコメの新品種で、同塾の石川政伊(まさよし)副会長は「雪若丸が今年、見事に実るよう願いも込めてつくったデザインです」と話す。

 30日には、田んぼアートのオープニングイベントが開かれ、どじょう汁の振る舞いもある。秋の収穫祭には、田んぼアートに使われた米を製粉してつくった米粉麺を売り出すという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ