PR

ライフ ライフ

【書評】この研究でイグ・ノーベル賞 『蜂と蟻に刺されてみた』ジャスティン・O・シュミット著、今西康子訳

Messenger

 レベル4のサシハリアリに刺されたときの痛みを、著者は文学的に表現する。

 〈目がくらむほどの強烈な痛み。かかとに三寸釘が刺さったまま、燃え盛る炭の上を歩いているような〉

 なんと恐ろしい!

 中南米に生息するサシハリアリは2500匹にも及ぶ大きなコロニーを作る。他に類を見ない攻撃力を持つために捕食者はいない。時折、コロニー間で大戦争が勃発し、敵対する数十組が死闘を繰り広げるという。

 そんなところは、私たち人間とそっくりだ。(白揚社・2500円+税)

 評・柳澤健(ノンフィクションライター)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ