PR

ライフ ライフ

【クローズアップ科学】宇宙の成り立ちに迫れ! 次世代加速器ILC 建設実現へ正念場 

国際リニアコライダーの想像図(Rey.Hori氏提供)
Messenger

 宇宙や物質の成り立ちに迫る次世代加速器「国際リニアコライダー(ILC)」を東北地方に建設する構想が正念場を迎えている。実現すれば日本に初めて巨大な国際研究施設が誕生し、ノーベル賞級の成果が期待されるが、建設費が巨額とあって情勢は予断を許さない。(伊藤壽一郎)

ヒッグス粒子の性質を徹底解明へ

 ILCは日米欧など世界の物理学者で作る組織が2013年に建設構想をまとめた。最新計画では岩手・宮城両県にまたがる北上山地の地下100メートルにトンネルを掘り、全長約20キロの直線状の粒子加速器を設置。両端から電子と陽電子をほぼ光速に加速し衝突させ、宇宙が誕生したビッグバン直後の超高温を再現する壮大な実験施設だ。30年代の稼働を目指している。

 衝突のエネルギーによって、万物に質量を与える素粒子のヒッグス粒子を生成。崩壊の様子を詳しく調べることで新たな物理法則を探究し、宇宙の成り立ちに迫るのが狙いだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ