PR

ライフ ライフ

【健康カフェ】(130)高血圧 リスク高い「仮面」、「白衣」も注意

Messenger

 別の医院で糖尿病治療を受けていた60代男性が、転居を機に私のクリニックに通院するようになりました。初診時に血圧を測ると上が130で下が85と標準の範囲内だったのですが、念のため血圧手帳を渡して自宅の血圧を毎日測定してもらいました。次の受診時に血圧手帳を見ると、上が150から160、下が90の日がほとんどで、高血圧といえる数値でした。

 高血圧は、日本人に最も多い慢性疾患です。医師から自宅で血圧を測るように言われて実行している人の中には、自宅で測る血圧が診察室で測る血圧と違っていて、「どの血圧が正しいの?」と疑問に思っている人もいるかもしれません。

 男性のように、診察室での血圧は良好なのに、自宅で測ると高いものを「仮面高血圧」と呼びます。この逆で、自宅で測る血圧が良好なのに、診察室で測る血圧が高いものを「白衣高血圧」と呼んでいます。

 白衣高血圧や仮面高血圧と死亡率の関係を調べたスペインの研究が4月に発表されました。研究は、約6万4千人の対象者を、常時高血圧▽白衣高血圧▽仮面高血圧▽正常血圧-に4分類し、総死亡率や心血管病死との関係を検証しています。血圧は、診察室の他、24時間帯同できる血圧計でも測っています。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ