産経ニュース

【話の肖像画】アーティスト・野老朝雄(2) エンブレムの藍は強い色

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【話の肖像画】
アーティスト・野老朝雄(2) エンブレムの藍は強い色

2020年東京五輪・パラリンピックの公式エンブレムに「組市松紋」が選ばれ、会見では「誇りに思う」と語った野老朝雄さん =平成28年4月25日(春名中撮影) 2020年東京五輪・パラリンピックの公式エンブレムに「組市松紋」が選ばれ、会見では「誇りに思う」と語った野老朝雄さん =平成28年4月25日(春名中撮影)

 〈2年余り前の平成28年4月25日。2020年東京五輪・パラリンピックの公式エンブレムに自身の作品が選出され、大会の“象徴”として世界に発信された。一般公募1万4599点から絞られた最終候補4作品のうち、作品Aの「組市松紋(くみいちまつもん)」。エンブレムの選考については、一度は決まった作品が盗用疑惑などで白紙撤回される紆余(うよ)曲折があり、社会的にも高い関心を集めた〉

 発表当日は数時間前から作品A、B、C、Dの作者4人、用意された狭い控室で待機することになりました。緊張からか口の中がカラカラで、置かれていたお菓子に誰も手を付けないんですよ(笑)。

 僕の作品に決まったとき、間髪入れず、その場にいた全員が拍手してくれた。本当にありがたかった。その後も4人で仲良くさせてもらっています。

 会見ではもう、頭が真っ白で。「わが子のような作品です」と言ったのは、正直な気持ちからでした。今は自分の手を離れ、(作品が)遠くへ嫁に行ったような感覚ですね。

 〈藍(あい)一色のエンブレムは「粋」「和の伝統を感じる」と評価する声もあれば、「地味」という意見もあった〉

 確かに過去のエンブレムはカラフルなものが多い。でも白地に紺(藍)と、余計なものをそぎ落とすことで、粋の精神やわびさびなど、見えてくる景色がある。一色だから地味だとは思いません。

続きを読む

「ライフ」のランキング