PR

ライフ ライフ

【千葉・9歳女児殺害】死刑求刑に渋谷被告は「無実無罪」を主張 判決は7月6日

渋谷恭正被告
Messenger

 昨年3月、千葉県松戸市立六実(むつみ)第二小3年のレェ・ティ・ニャット・リンさん=当時(9)、ベトナム国籍=が殺害された事件で、殺人や強制わいせつ致死などの罪に問われた元同小保護者会長、渋谷恭正被告(47)に対する裁判員裁判の論告求刑公判が18日、千葉地裁(野原俊郎裁判長)で開かれた。検察側は「犯行は冷酷、残忍、悪質で結果も重大。更生の可能性はまずない」と指摘し、渋谷被告に死刑を求刑し、結審した。判決は7月6日午後3時15分に言い渡される予定。

 死刑の求刑を受け、渋谷被告は「私は無実無罪でございます。私のことを信じて待っている子供2人のために公正な判決をよろしくお願いします」と改めて無罪を主張した。

 死亡した被害者が1人の事件で死刑が求刑されるのは異例。裁判員は重い判断を求められそうだ。

 論告求刑で検察側は渋谷被告の軽乗用車からリンさんと同一のDNA型の血液が見つかったことやリンさんの遺体から2人の混合したDNA型が検出されたことなどを挙げ、渋谷被告が車内でわいせつ行為や殺害に及んだと主張。弁護側がDNA型鑑定について捜査機関が意図的に2人のDNA型の試料を混入した疑いがあるなどと主張していることについて「理由がない」と反論した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ