産経ニュース

【ゆうゆうLife】専門家に聞くがんとお金 固定費減と公支援活用が鍵

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【ゆうゆうLife】
専門家に聞くがんとお金 固定費減と公支援活用が鍵

 医療が進歩し、がん患者の生存率は向上している。がんが増える60歳過ぎまで仕事を続ける人も増える中、医療費やそれ以外の出費にどう備えればいいか。「少なくともこれだけは」というお金の考え方の基本を、自身も乳がん経験者で、多くの患者の経済的な相談に乗ってきたファイナンシャルプランナー、黒田尚子さん(48)らに聞いた。

 収入減と支出増

 40歳で右乳房を全摘し、再建手術を受けた黒田さん。就労世代の家計へのがんの影響は、ずばり「収入減と支出増」だという。当たり前のようだが「診断後に家計の収入や支出がどう変化するか、具体的にイメージするのは難しい」と話す。

 例えば夫ががんになり、治療や体調不良で仕事を休むとまず夫の収入が減るが、共働きだと、看護などで妻の収入まで減る。一方、支出は治療費に加えて交通費、家事・育児サービスや外食なども意外にかさむ。

 対策は単純明快。「収入を増やして支出を減らす。それだけです」

 支出には「減らしどころ」があるという。効果が高いのは、住宅ローンや家賃、教育費、生命保険料など毎月出ていく「固定費」の削減だ。「例えば住宅ローンなら月々の返済を減らし、期間を延ばす見直しが有効。総返済額は増えますが、まずは金融機関に相談を」

続きを読む

このニュースの写真

  • 専門家に聞くがんとお金 固定費減と公支援活用が鍵

「ライフ」のランキング