PR

ライフ ライフ

虫嫌いの女性でもOK? イメージチェンジする「虫ケア用品」 優しくソフトに進化

Messenger

 フマキラーの「天使のスキンべープジェル プレミアム」(2月発売)や大日本除虫菊の「プレシャワーDFジェル」(2月発売)は、平成27年に厚生労働省に認可された虫除け成分「イカリジン」を配合している。従来虫除け製品に使われてきた成分「ディート」は6カ月未満の乳児に使用できず、12歳未満には使用回数制限があったが、イカリジンは年齢や回数の制限がない。ともにジェル状で薬剤が舞い散らず、首や顔にも塗りやすい。

 「天使のスキンべープジェル プレミアム」は、虫除け効果が最大8時間と長持ちするタイプ、「プレシャワーDFジェル」は無香料の低刺激処方で、ともに子供を持つ親に支持されている。

退治できたか確認したい派も

 「姿を見たくない」との声の一方で、あえて最期を見届けたいというニーズに応えた商品も登場している。

 フマキラーの「ゴキブリワンプッシュプロプラス」は、すき間の奥に隠れていたゴキブリが薬剤に触れることで錯乱し、広い場所に出てから死ぬようになっている。同社のアンケートでは、約65%の人が「確実に死んだかどうか確認したい」と回答。「退治できたか分からないと、また出てくるかもという恐怖が残る。効果が見える方がよいという人も多い」(戸村彰部長)とか。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ