産経ニュース

【教育動向】思っているよりも「給付型奨学金」利用は一般的?!

ライフ ライフ

記事詳細

更新

【教育動向】
思っているよりも「給付型奨学金」利用は一般的?!

 独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)の2016(平成28)年度「学生生活調査」によると、同機構など何らかの奨学金を受給している大学生(昼間部)の割合は48.9%で、約2人に1人の割合で奨学金を受給しています。同調査による家庭年収区分別奨学金受給者の割合(大学(昼間部))は、年収500万円~800万円未満の家庭が3割以上を占めています。JASSOでは、2018(平成30)年度から給付型奨学金制度が本格導入されました。これまで貸与型奨学金のみだったことを考えると大きな一歩ではありますが、中所得層の家庭の救済にはなりません。

「予約型の給付奨学金制度」とは

 「予約型の給付奨学金制度」は、各大学が独自で実施している給付型奨学金の中でも、新入生を対象にした、受験前あるいは入学手続き前に奨学金の給付が約束される奨学金制度です。実際に受給するにはもちろん入学試験に合格することが必要ですが、JASSOの給付型奨学金と比較して、家計基準が緩やかな場合が多いのでご紹介したいと思います。

 今回取り上げる大学は一例で、「予約型の給付奨学金制度」を実施している大学は他にも多くあり、各大学で募集の方法、時期、定員、給付の条件などが異なります。記事は原則2017(平成29)年度の実施要項を参考に記述しています。実際には、お子さまが志望する大学のホームページや募集要項を必ず確認して最新の情報を得るようにしてください。

続きを読む

「ライフ」のランキング